ヨーグルトコンテンツイメージ

ヨーグルトの豆知識

ヨーグルトについてのちょっとした疑問や豆知識を紹介します。意外と知らないこともあるかもしれませんね。

成分表示の見方

ヨーグルトってものすごくたくさんの種類が売られていますよね。それぞれのヨーグルトに含まれている成分が乳酸菌の種類によっても異なってきます。成分表示の中には、何の菌が使われているかまでは書かれていませんが、それぞれの会社で売りにしている乳酸菌の種類はパッケージのどこかに描いてあります。表示のなかの原材料を見てみると、砂糖や果物が加えられているかどうかを見ることができます。一般的なヨーグルトの場合、1番最初に生乳、次に乳製品が書かれているかと思います。内容量の中で多く含まれている順番に表示されています。

ヨーグルトの保存方法

基本的にヨーグルトは冷蔵庫で保存することが望ましいです。乳酸菌は温度が高いと活動し始めて発酵が進んでしまいます。自家製のヨーグルトを作る際には冷蔵庫に入れるといつまで経っても固まらずヨーグルトを作ることができませんけどね…。10℃以下の涼しく暗い場所で保存しましょう。

ヨーグルトは冷凍できる?

ヨーグルトを冷凍してから、完全に解凍してしまうと水(ホエー)が出てきてしまいます。混ぜ込んでから食べると栄養は変わりませんが気持ち的に…という人にはオススメしません。ヨーグルトと一気に食べられずに残ってしまった場合には、小分けに冷凍しておき、半解凍の状態でシャーベットのように食べるのがオススメです。また、牛乳や生クリームと少量混ぜてから果物などと一緒に製氷皿などで冷凍しておけば立派なアイスデザートにも変身します。

ヨーグルトはいつ食べると効果的?

ヨーグルトを朝ごはん代わりに食べたりデザートとして食べたりと、いつ食べても良いヨーグルト。でも、ヨーグルトに含まれている栄養を効果的に体内に吸収しようと思ったら、食事中や食後が最適です。乳酸菌が生きて腸にたどり着くには、胃を通らなければいけません。おなかがすいているときには胃酸が多く分泌してきますので、乳酸菌の多くはやられてしまいます。そのため、少し食べ物が胃の中に入っているときにヨーグルトを食べた方が効果を期待することができます。

ヨーグルトに合うトッピング

プレーンヨーグルトに何を入れて食べますか? そのままでは食べられない人もいますよね。砂糖を入れるのは気が引ける…そんな時には、フルーツを入れるのが良いですよ。ヨーグルトだけでは取れないビタミンCを果物から取り入れましょう。イチゴやオレンジなどの果肉にはビタミンが豊富に含まれています。つぶしてからヨーグルトと混ぜると全体に甘味が加わって食べやすくなります。

ドライフルーツで!

生のフルーツも良いですが、ドライフルーツを入れて食べるのもオススメです。レーズンやベリーのドライフルーツをヨーグルトに入れます。そこで…1日ほど冷蔵庫に置いておくことがポイントです! 固めのドライフルーツがヨーグルトの水分で柔らかくなって美味しくいただけます。多めにドライフルーツを入れて、朝ごはんの代わりにするのも良いですよ。

違った種類を食べてはだめ!?

毎日ヨーグルトを食べる人に…実は、というか微生物を研究している人の話なのですが、「ヨーグルトを食べる時には同じ種類にしなければならない」と。市販されているヨーグルトの種類は数多く、その中に含まれている乳酸菌の種類は異なってきますよね。腸の中に届く乳酸菌は少ないといっても数億個の単位です。昨日は種類Aのヨーグルト、次の日に違う種類Bのヨーグルトを食べるとどちらの種類の乳酸菌が強くなるのでしょうか? 良い菌のはずなのに、自分の陣地を増やそうと仲が悪くなってしまいます。1日目のAは腸内でどんどん増え続けていますが、生きていない仲間をエサにしています。そこにBが入り込んでしまうと、Aの力が徐々によわくなってしまうのです。身体の調子がよくなっているとわかったヨーグルトから違う種類に変えることはあまり望ましいことではありませんね。

ヨーグルトで口臭予防!

ふとした瞬間に口臭が気になることってありませんか? 人の口臭はすぐに気がつくものですが、自分のことはわからない場合があって他人に知らないうちに迷惑をかけていることもあります。歯周病や歯槽膿漏などが原因となって口臭が発生してしまうことがあります。普段の歯磨きの後に、ヨーグルトを使って口の中をキレイにしちゃいましょう。

ヨーグルト歯磨き

ヨーグルトの乳酸菌には、口のなかの細菌を増殖させないはたらきがあります。歯磨きで口臭を予防するには、歯だけではなく舌も磨きましょう。本来はキレイなピンク色の舌が白っぽくなっていたら歯垢の元になってしまいます。そして、歯磨きが終わった後には、無糖のヨーグルト(プレーンヨーグルト)をスプーン1杯、口に含んで歯磨きをします。そのまま口をすすがずにいると、乳酸菌が口の中の雑菌を退治してくれるのです。朝と寝る前に行うと効果的です。また、朝起きてすぐに歯磨きをしてヨーグルトだけを食べるのも良いですね。

このページをブックマークする