ヨーグルトコンテンツイメージ

デザートに使う!

ヨーグルトはそのまま食べるだけではなく、もっと美味しいデザートに変身することができますよ。簡単に作れるヨーグルトデザートはさっぱりして食べやすいので、アイスやシャーベットなどの冷たいデザートにぴったりなのです。それから、水分を切ったヨーグルトはクリームチーズのような味と質感になるのでサラダのトッピングにしたりヘルシーなケーキを作ったりすることができます。

簡単ひんやりデザート

ここでは、ヨーグルトを使用した、簡単にできるデザートのレシピについて紹介します。簡単においしく食べられるので、ぜひ一度試してみてください。

フローズンヨーグルトの材料と作り方

・プレーンヨーグルト:500ml  ・生クリーム:200ml

・砂糖 大さじ2(お好みでプレーンヨーグルトについている砂糖でも可)

ボウルに生クリームと砂糖を入れてあわ立てます。このとき、しっかりとかたくなるまで(9分立て)泡立ててください。ヨーグルトを加えて全体が混ざったら、そのまま冷凍庫へ。1時間置きに泡だて器で混ぜてください。3回ほど繰り返して行ったら食べごろです。つぶしたフルーツやリキュールをヨーグルトと一緒に加えて自分の好きな味にすることができます。生クリームの変わりに牛乳を使うと、シャーベット感がアップします!


キュービックヨーグルトの材料と作り方

・プレーンヨーグルト:150ml

・フルーツ(イチゴや桃など) 適量(又は、フルーツヨーグルト200ml)

・牛乳:150ml ・砂糖:適量(お好みの量で)

フルーツを小さめにきったり、つぶしたりしてヨーグルトに混ぜ合わせます。そこに牛乳を加えてさらに良くかき混ぜてください。後は、製氷皿にいれて冷凍します。アイスと違って途中でかき混ぜる必要も無く、凍ったらすぐに食べることができます。スナック菓子や市販のアイスを食べ過ぎてしまうと心配ですが、これなら子供と一緒に作れますし安心できるおやつにもなりますね。

チーズ風ヨーグルト

普通のヨーグルトに飽きちゃったら…とろけるようなヨーグルトが好きな方もいれば、ハードタイプが好きな方もいますよね。ヨーグルトのレアチーズ風のデザートはいかがでしょうか? 普通はクリームチーズがケーキの材料になりますが、ヨーグルトでカロリーも抑えられますよ。

まずはヨーグルトを水切り

プレーンヨーグルトを水切りすることでクリームチーズと同様に使うことができるようになります。プレーンヨーグルト500mlを使います。ザルや水切り用のタッパーなどにキッチンパーパーを敷き、その上にヨーグルトを入れます。ふたやラップをして…冷蔵庫で1日置いておきます。ヨーグルトから出てきた水分はホエーと呼ばれていて、この中にたくさんの栄養が流れ出ているので味の濃い料理(カレーなど)に入れてしまいましょう。

ヨーグルトケーキの材料と作り方

・水切りをしたヨーグルト:500ml分  ・生クリーム:200ml ・砂糖:80g
・薄力粉:50g  ・たまご:2個  ・レモン:1個

レモンの皮の黄色い部分をすりおろします。レモンを絞って果汁にしてください。あとは簡単! ミキサーの中に卵と砂糖、薄力粉をいれてスイッチを入れて混ぜ合わせます。混ざったところで、生クリームとヨーグルト、レモンの皮と果汁を一緒に入れてしまいます。ヨーグルトは固まっているので、少しずつスプーンですくってから入れたほうが良いかもしれません。ミキサーの性能にもよります。滑らかな生地になるまで混ぜ合わせてください。18cmの丸型にクッキングペーパーを敷き、生地を流しいれます。180度のオーブンで45分ほど焼いてください。薄力粉が少ないので生焼けはしないと思います。逆に焦げやすいので焼きすぎには注意してください。粗熱をとったら冷蔵庫へ。冷えたら食べられますが、1日置いて味を落ち着かせるとよりいっそう美味しくいただけます。

デザートに使う!
このページをブックマークする