ヨーグルトコンテンツイメージ

おかずに使う!

ヨーグルトの味を生かして、料理に使って見ませんか? ただ食べても美味しいヨーグルトは他の食材とあわせることで効果を発揮してくれ、おいしさもアップします。なかなか料理に使うことを考えないかもしれませんが、結構おかずにも合います。

肉を柔らかくできるヨーグルト!

肉の下準備にビールや片栗粉などを使う人もいますよね。ヨーグルトも良い効果を発揮してくれます。ヨーグルトには、肉をやわらかくしたり臭いをとってくれたりするはたらきがあります。お肉を使う料理、カレーなどの時にはあらかじめヨーグルトを少し混ぜ込んで下ごしらえをしておくと良いですよ。また、肉を炒めるときにヨーグルトを一緒に入れても同じ効果が出ます。熱を加えるとヨーグルトは溶けて消えてしまいますが、肉の旨味を増してくれるのです。

ヨーグルトを入れてカレーを作ろう!

ヨーグルトの風味を生かして作るカレーのレシピを紹介します。ひき肉で作ると日本的なカレーではなく、外国感もバッチリ! ご飯にはもちろん、ナンにもあわせて食べたい一品です。

ヨーグルトカレーの作り方・レシピ

・ひき肉:00g  ・じゃがいも:2個  ・トマト:1個
・たまねぎ:1個  ・プレーンヨーグルト:200ml
・カレー粉:大さじ2  ・水:300ml

たまねぎをみじん切り、又は薄切りにしてキツネ色になるまで炒めます。ここでニンニクも一緒に炒めるとより美味しくなります。ひき肉とヨーグルトを大さじ1加えて、固まらないように炒めましょう。肉に十分火が通ったら、カレー粉を入れて炒め、1cmほどに角切りにしたじゃがいもとトマトを加えてさらに炒めてください。水を加えて15分ほど煮詰め、ヨーグルトを茶漉しでこしながら溶かしいれます。塩、こしょうで味をととのえてできあがりです。ヨーグルトの酸味が気になる場合には、1,2時間寝かせてから温めなおすとまろやかな味となりますよ。辛さが足りない場合には、唐辛子を加えてもOKです。

ヨーグルトソース

ヨーグルトのさわやかな味を、ソースにして料理に使いましょう。野菜や肉に良く合う簡単なソースです。

さっぱりソースの材料と作り方・レシピ

・ヨーグルト:100ml ・マヨネーズ:大さじ2 ・マスタード:大さじ1 ・塩:少々

作り方は簡単…材料をすべて混ぜ合わせるだけです。さっぱりとした味なので、いつもとは違う料理のアクセントに! ブロッコリーやアスパラなどの野菜に良く合います。

ヨーグルトソースでヘルシーグラタン

さっぱりソースを使ってグラタンを作ることが出来ます。ホワイトソースはバターや小麦粉がたっぷり使われているのでカロリーも気になるところ…。

・お好みの具(マカロニ、ほうれん草、トマトなど) 適量
・ヨーグルトさっぱりソース  ・チーズ:適量

あらかじめ火を通した具材をお皿に並べて、ヨーグルトさっぱりソースをかけます。その上にチーズ(粉チーズでも可)をかけて、180℃のオーブンかオーブントースターで焦げ目が付くまで焼きましょう。

スイートソースの材料と作り方・レシピ

・フルーツヨーグルト:100ml  ・マヨネーズ:大さじ3  ・塩:少々

こちらのソースも材料を混ぜるだけ! ポテトサラダなどに使えて、いつも同じ味になってしまうときに活用できますよ。マスタードが入っていないのでお子様にはこのソースが向いているかもしれません。

ローカロリーヨーグルトソースの材料と作り方・レシピ

・プレーンヨーグルト:100ml ・酢:大さじ2 ・マスタード:大さじ1 ・塩:少々

マヨネーズを使ったソースはカロリーが…と気になる方、マヨネーズが苦手な方には、このソース! 酢を使っているので、とてもさっぱりと胃がもたれることなく食べられます。材料を混ぜるだけでできますよ。サラダなどに、マヨネーズの代わりとして使うことができるので少しヨーグルトが余ってしまったときなどにどうぞ!

おかずに使う!
このページをブックマークする