ヨーグルトコンテンツイメージ

自家製ヨーグルトの作り方

ヨーグルトを家庭で作り変えて自分にあったものをみつけましょう。売られているヨーグルトに、ちょっとした工夫を加えるだけで身体に良い効果を期待できます。色々なヨーグルトの作り方があります。どれも簡単にできるものばかりなので、自分好みの調整ができます。

プレーンヨーグルトの作り方

ヨーグルトに必要な材料は牛乳(生乳)と乳酸菌です。乳酸菌の中でもヨーグルトを作ることが出来るのは極わずかです。それを手に入れることは難しいもの。でも、ヨーグルトを毎日買うのは経済的にちょっと…という方にオススメの作り方です。ヨーグルトと牛乳って1パックの値段が同じくらいではありませんか? 量は牛乳のほうが倍もありますが。そこで、簡単にヨーグルトを増やす方法です。

プレーンヨーグルトのレシピ

・プレーンヨーグルト:大さじ1  ・牛乳:500ml(無調整のものがオススメです)

プレーヨーグルト

まず、牛乳を鍋で温めて40℃くらいにしてください。そこにヨーグルトを入れて良くかき混ぜます。密閉できる清潔な容器に入れて半日から1日置いておきます。このとき、温度を保たなければいけません。魔法瓶が1番楽で良い容器かもしれませんが、ない場合には発泡スチロールに入れたりお風呂のお湯を使ったりして温度を保ってください。固まったら冷蔵庫で保存してくださいね。出来上がったヨーグルトのまん中あたりを少しとっておいて繰り返し牛乳とあわせてヨーグルトを作ることが出来ます。でも、10回ほどで酸味が弱くなってしまうので味が変わってしまったと思ったら、新しいヨーグルトで作り直すといいかもしれません。

スキムミルクヨーグルトの作り方

テレビや雑誌などでも話題となったスキムミルクヨーグルト! ダイエット効果も期待できます。同じヨーグルトを食べるなら栄養豊富に作り変えてから食べましょう! ヨーグルトにスキムミルクを混ぜるだけで簡単に作れます。

スキムミルクの効果

スキムヨーグルト

スキムミルクは脱脂粉乳と呼ばれているものと同じです。スキムミルクは脂肪分が少なく、カロリーが低いです。また、乳酸菌に多く含まれている乳糖が豊富です。乳糖は腸の中で乳酸を作り出して悪玉菌を退治し、外に排出する役割があり便秘を改善してくれます。この乳糖が多いことでヨーグルトと混ぜると甘味が増します。それから、カルシウムが牛乳と同じだけ含まれているのでヨーグルトに加えることでより吸収率がアップします。カルシウムは骨にとって良いだけではなく、体脂肪を燃焼するはたらきを持っているのでダイエット効果を期待できますね。

スキムミルクヨーグルトのレシピ

・プレーンヨーグルト:500ml  ・スキムミルク:75g

プレーンヨーグルトにスキムミルクを入れて、良くかき混ぜます。キッチンペーパーを挟んでふたをします。ヨーグルトのパックをそのまま使ったほうが簡単です。半日ほど室温においておきます。これで出来上がり! となるので、簡単ですよね。自家製のプレーンヨーグルトでも同じ効果が得られます。

豆乳ヨーグルトの作り方

豆乳は健康に良いものとされていて、牛乳の代わりに飲むこともできますね。ヨーグルトに加えて豆乳の栄養も摂ってしまいましょう。牛乳と混ぜることで豆乳のにおいが気になる方も食べることができますよ。

豆乳効果!

ヨーグルトにはない豆乳の成分は、大豆に含まれているイソフラボン! 女性ホルモンに似た作用があり、大豆を味噌や醤油から摂り入れている日本人はホルモンバランスが良いといわれています。イソフラボンには、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐはたらきをもっています。カルシウムが豊富なヨーグルトと組み合わせることで効果抜群となりますね。

豆乳ヨーグルトのレシピ

・プレーンヨーグルト:大さじ2(カスピ海ヨーグルトの菌でも可)
・豆乳+牛乳:500ml(3:2の割合がオススメですがお好みで)
飲むヨーグルト

プレーンヨーグルトの作り方と同様です。牛乳と豆乳を混ぜて鍋にかけて40℃まで温めます。そこにヨーグルトを加えてかき混ぜ、魔法瓶で1日から2日かん温度を保ちながら保存したらできあがりです。カスピ海ヨーグルトを使う場合には、牛乳と豆乳を温める必要も無く、寝かせるときにも室温でかまいません。

※豆乳だけでは作ることが難しいです。乳酸菌は牛乳を与えることで発酵して増えてくれるので牛乳200ml以上を入れてくださいね。失敗することがなくなります。

自家製ヨーグルト
このページをブックマークする